妻が亡くなって半年目の記録。忘れられない気持ちと、忘れようとする身体。

( %s/妻/ふみ/g )

 

半年前の今くらいの時間、ふみとの最期のLINEのやりとりが始まった。

 

今、少々複雑な気持ちを整理するために、ふみのことを思い出している。

こうやって意識的に思い出すといつも涙が出るが、普段の生活で思い出すことはあまりない。

もともとふみがいなくて当たり前だった時間や場所、たとえば仕事中や会社の人との飲み会、そこにふみがいないのは当たり前なので、そんなときに思い出すことはあまりない。

 

家に帰った時、一緒に入ったことのあるお店の前を通った時、デートしたことがある場所をテレビで見た時、寝る前。。。過去の思い出につながるとき、無意識にふみのことを考える。

 

しかしそんなときがあっても、最近は涙が出るほどつらくなることはほぼない。

そういったことを考えようとするとつらくなることはもうわかりきっている。「そういえばふみがあのとき。。。」と考え始めた瞬間、もう別の冷静な自分がその思考を邪魔しようとする。それを考えてもつらくなるだけだ、考えるな、と。そうしてふみのことを考える時間はどんどん少なくなっていく。

 

思い出したい自分と、忘れさせようとする自分がいる。

思い出すことがストレスになるなら、思い出さないことが「健康」で、「正しい」こと。極めて合理的である。

だからたまには、非合理的な、不健康な思考を外に出してみたい。そう思って今ブログを書いている。

 

 

# 記憶の仕組みについて

最近は論文や専門書を漁らなくても、ぐぐったらすぐそれっぽい記事が出てくる。

以下の記事はまだ出典が乗っているだけ(ほんの幾分)マシだが、何を根拠に書かれているのか誰が書いたのかわからない記事をすぐ引用するのは本当は避けたい。

re-sta.jp

 

2-7 忘れたいことを忘れる指示忘却

忘れるように努力することによって、特定の記憶をブロックすることは可能です。

必要なことは覚えておかないといけませんが、必要もないのにいつまでも覚えておくのは記憶効率が悪くなってしまいます。

また、積極的に忘れてしまいたい記憶というものもあります。

これも実験により、「忘れるように」と指示された事柄は、覚えるようにと指示された事柄よりも記憶の混乱が生じることが実証されており、意図的な忘却が可能であることがわかっています。

例えば、職場に行くと辛い経験を思い出すという人は、職場に行ってもその経験を思い出さないように努力することで、実際に思い出しにくくなるのです。

自分にとってのふみはまさにこの「意図的な忘却」にあたる気がする。

正直に言うと忘れたくないし、今でもふみに会いたい。必要か必要でないかと言われれば間違いなく必要な記憶で、ふみがいなければ今の自分はなかったと思う。

 

2-5 抑圧説

image無意識のうちに不快な記憶を排除する心理メカニズムを「抑圧」と言います。

例えば中学生時代はいじめにあって暗い時期を過ごした人は、中学生時代の思い出をあまりもっていないことが多いのです。逆に、それ以前の幼少期のことはよく覚えていたりします。

人間は、思い出すことによって恐怖や不安などを感じさせる事柄を、意識から排除して自分を守ろうとするのです。

 

 

と同時に、ふみは自分にとって辛い記憶になってしまっている。ふみの存在が「不快」であるという説明には断固として反対するが、思い出すとつらくなることは否定できない。

こうやって自分がふみのことを抑圧してしまうことを、本当に申し訳なく思う。

 

 # griefについて

大切な人を失ったときに起こる深い悲しみをグリーフと言います

www.huffingtonpost.jp

 

■ 私たちにできることとは?

グリーフの過程で最も大切なことは、自分のグリーフを認識し、何らかの形で気持ちを表現することです。そのためにできる方法をいくつかご紹介します。

・定期的にスーパービジョン(※)を受ける

・日記をつける

・音楽やアートを通じて気持ちを表現する

・信頼できる同僚に気持ちを打ち明ける

・「自分のための時間」をつくり、好きなことをする

・健康的な食事、充分な睡眠、適度な運動を心がける

(※専門家からの支援)

 

自分は日常的にグリーフに接するようなプロフェッショナルではないが、プロフェッショナルグリーフに対する知見はとても参考になる。

日記を書くことはあまり習慣になっていないものの、たまにこうやってoutputすることは悪くないと思う。

 

# 孤独について

toyokeizai.net

 

孤独であることがかっこいいという謎の価値観は、厨二病という言葉が今ほど市民権をもつ以前からあったようだ。

 

自分は孤独がかっこいいとは思わないが、孤独とは反対の「群れる」ことに対する嫌悪感はなかったというと嘘になる。大して興味ない話題に相槌を打ったり、組織の中で良好な関係を維持する必要があると言うだけで人に近づいたり近づかれたりするのは正直好きではない。ふみも似たようなところがあった気がする。

 

しかしながら、上記のような「孤独という病」を避けるためのリスクヘッジとして、浅く広い人間関係が有効であるという事実は認めざるを得ない。少数の人間だけと深い信頼関係を持つことは、そこがなくなってしまうと一気に「孤独という病」が襲いかかってくるという大きなリスクを負っていることになる。浅く広い交友関係を、少なくとも表面的だけでも身につけることを、「技術」として体系づけて教育する仕組みがあってもいいかもしれない。

 

 

妻を忘れたくない気持ち

ふみがいなくなって半年が経つ

ふみを忘れたくない

ふみが好きだった場所に行きたい

一人では行きたくない

ふみと一緒に寝たい

ふみと話がしたい

くだらない話や、真面目な話がしたい

ふみとゲームがしたい

ふみと家でぐだぐだしたい

ふみとデートしたい

ふみと旅行がしたい

一緒に漫画の感想を言い合いたい

自分の意見を批判して欲しい

変な服かどうかみてほしい

議論がしたい

一緒にでかけたい

ふみの好きなものを食べに行きたい

寒い季節に寒いところに行って、寒いねっていいたい

暑い時に暑いところに行って、あついー、っていいたい

 一緒にいたい

 

やっぱり涙が出る。

 

 

TBSドラマ『わたしを離さないで』感想

・クローンが臓器提供のために作られ、社会生活をしているという設定はやや非現実的

・死を前にした人々の感情描写や諦感、行動にはリアリティーあり

綾瀬はるかは普段あんまり好きじゃないが、ドラマ見てるとだんだんかわいく見えてくる不思議

・最後のシーンは見ていて辛くなったが、素直に感動した

・クローンに対する人権意識薄すぎ(=衆愚制を批判してる?)

 

時間あるときに追記予定。

 

「愚民社会」読書メモ

愚民社会メモ

学生時代好きだった大塚英志を久々に読みたくなった。

愚民社会

愚民社会

 
  1. 全ての動員に抗して (2011年)
  2. 歴史を忘却する装置として象徴天皇制(2003年)
  3. アイロニカルな構造自体を示したい(2004年)

の3部構成ではあるが実際は2011年の前半と、2003年・2004年をセットにした後半で二つの議題が分かれている。

本書の中で大塚は大半聞き役に徹しており、どちらかというと宮台のその時その時に考えていることを解きほぐすような感じだった。

 

挑発的なタイトルの通り、宮台・大塚が日本社会を徹底的に批判する。Amazonのレビューが低い理由がだいたい、この二人の「土人には無理」「僕が本当にいいたいことを言う前に、それを理解するのに必要な素養や教養を、まずはみなさんに身につけていただくしかない」といった言葉にあるようなエリート主義が鼻につく、という内容のようだ。

そこに噛み付く人は、二人の議論(読みやすいように編集はされているだろうが)をちゃんと理解できているのかが怪しい。こいつらよくわからないけど偉そうにしてる-> むかつく、と評価するのは簡単だが、それこそ愚民的な反応な気がする。

二人のエリート主義的記述はまったく重要ではなく、気に入らなければスルーすればいい。しょっちゅう脱線するように見えて、最終的には本筋に戻ってくる論点の一つ一つから学べるところは多いと思う。

全ての動員に抗して (2011年)

  • 宮台の戦略
  1. <任せて文句を垂れる> から <引き受けて考える>へ
  2. <空気に縛られる> から <知識を尊重する> へ
  3. <行政に従って褒美をもらう> から <善いことをして儲ける>へ
  • 昭和天皇の逝去で右往左往する日本人を「土人」と称した浅田彰
  • 大塚の見解「土人を動員してまで良い社会を作ろうとは思わない」
  • 「反抗期がない子供が増えている」

本来は、反抗期があるのが当たり前だった

-> 成長につれて大きな存在であった父親がしょぼいと気づく過程がすっ飛ばされている

-> なぜならば、父親が初めから大きな存在ではなくなっているから

明治維新の指導層の本音は尊皇開国だけど、倒幕の為に「あえて」尊王攘夷で下級武士を煽る、など

・「あえて」という逆説(逆接)は、若い人に通じなくなっている。順接しか理解されない。

 

小さな政府の人類学的見解。

アングロサクソンは家族ユニットが小さい。ラテン・ゲルマンは家族ユニットがおおきい。

->ラテン・ゲルマンが家族から調達する便益を、アングロサクソンは市場から調達する(家族・社会から受けられるサービスを市場に求める)

 

  •  バブル崩壊以降の売春名所と、2008年の自殺実態白書の自殺率が高い場所が重なる
  • 子供を作らないことを選択したことで、見えてくる震災後の母親の欺瞞

自分の体に放射能が飛んでくる生理的嫌悪感を、「子供を守れ」という言い方で正当化する

-> 子供を疎開させる運動でも、「よその子」を連れていくという発想がない。自分と自分の子供だけ。

 

  • 「右翼だから」「左翼だから」の陣営帰属、誹謗中に淫して中身を論じない「愚民視

共産党はずっとないことになっている。

・電力会社のやらせメール、震災や原発の危険性を赤旗でずっと前から指摘していても、まったく支持が増えない

・「暴力装置」と言っただけで極左扱いされる(民主党内の右グループにいた)仙石

 

・ファナティックな発言をする女性議員

・「強い女に引っ張ってもらいたい」系のヘタレ男子が求める女性像(母)。太宰治『女性』

・息子・夫が死んでもヒロイズムに酔う。子供を戦地に送ると言う「ワクワク」感

 

あ、これ抜粋しだすとキリがないやつだった。。思い出した時に続きメモります。

面白さの基準 - 『イノサン』と『Under the rose』

自分が面白いなと思う漫画や作品の基準が一個はっきりしたのでメモしておこうと思った。

簡単に言うと、

「古い伝統的な価値観を、現代的価値観によって浮き彫りにする」

またその逆に

「現代的な価値観を、古い価値観から浮き彫りにさせる」

ような作品は面白いと感じることに気づいた。

具体的に言うと、今読んでいる『イノサン』。

shonenjumpplus.com

 

*注 まだ30話くらいしか読んでいないので、後から下記の解釈が破綻する可能性はあります

18世紀フランス、死刑や残酷な刑罰が「娯楽」でありフランス王政の権威の象徴であるという「常識」に対して、主人公シャルルが処刑人の後継者として運命を受け入れながらも死刑の残虐さに抗おうとするという内容だ。

この作品で取り上げられているフランソワ・ダミアンの八つ裂きの刑はフーコーの監獄の誕生(狂気の歴史だったかも。まちがえてたらどなたかご指摘ください)でも紹介されており、哲学・文学界隈では有名かもしれない。

当時の社会的な価値観を、現代的な価値観で相対化しつつ、その間で苦しむ主人公という図式はとても面白い。

もう一つ、少し時代は違うが紹介したい作品がある。船戸明里先生の『Under The Rose』(あんだろ)だ。

www.gentosha-comics.net

 

こちらは

冬の物語 : (1, 2巻前半)

春の賛歌 : (2巻後半 - 9巻以降も連載中)

そして後日譚(パラレルワールドの可能性あり)の

Honey Rose』

と3つに分かれている。

3つすべて最高に面白い。今まで読んだ漫画の中で間違いなく3本の指に入る作品であるが、残念ながらハンターxハンター並に船戸先生がゆっくりとした連載ペースなので、なかなか巻数が進まない。個人的にはゆっくりでもかまわないので、ご本人が後々後悔されないような納得のいく内容で、最後まで書ききっていただきたい。

 

舞台は19世紀イギリス。現在未完の「春の賛歌」では、敬虔な牧師の家庭で育ったレイチェルが、絵に描いたような幸せな貴族の家庭ロウランド家に家庭教師として採用されるところから始まる。

レイチェルは優秀ではあるが、当時のイギリスでは女性で教職(ガヴァネス)はあくまで男性家庭教師(チューター)に劣る存在であり、子守やお針子のような側面も強かった。また、レイチェルは過去に勤めた家で雇い主からセクハラまがいのようなことをされて悪い噂が流れており、トラウマになっていた。

そんな中、ロウランド家の当主アーサーは、当時の価値観ではありえないほどリベラルな考え方の持ち主で、レイチェルを擁護してくれる。当時の価値観の代表的な存在でもある老家庭教師ミス・ピックに対しレイチェルが勇敢に反抗した時も、元公爵令嬢に一介の牧師の娘が反抗するなどありえない中、アーサーは擁護してくれた。

自分の書き方が下手なこともあり、ここだけ読まれた方は、よくある現代的価値観のヨイショ的な内容に見えてしまうかもしれない。しかしあんだろの面白いところは、ここからである。

アーサーは8人の子供がいるが、妻アンナが産んだのはそのうち4人。残りの4人は、別の女性に産ませた子供たちだ。アーサーは8人全員に分け隔てなく愛情を注ぐが、敬虔なレイチェルの価値観からすればありえない状態だ。その価値観を受け入れるわけでも否定するわけでもなく、レイチェルは今後起こる彼女への悲劇や「歪んだ」愛情を受け入れていく。

 

船戸先生の素晴らしいところは、すべての登場人物が繊細で緻密な人格・感情を持っており、誰一人脇役がいない。冬の物語の主人公であるライナスやその母グレース、アーサー、妻アンナ、貴族の息子たちや使用人にたちすべての登場人物がそれぞれの楽しみ、悲しみ、悩みを抱えており、19世紀イギリス的な価値観から現代的な価値観の両方の中で人生を送っている。

まだ未完でありネタバレにもなるので筆を置くが、興味を持たれたら是非ご一読していただきたい作品である。 

 

ARお墓参りサービスが気になる

会社の雑談タイムにて、あるサービスを紹介してもらった。

japanese.engadget.com

 

お墓に行ったら「よく来たな!」みたいなテンションでおじいちゃん(故人)がポケモン風に話しかけてくるという、そこだけ聞くとなかなかインパクトのあるコンセプト。

場所に情報をタグ付けする、というコンセプトはシンプルながら面白そう。

友人のお墓屋さんとかのコメントを聞きたいところ。 

 

一つ疑問というか、このサービスを紹介してくれた人が、紹介ついでに気になるコメントを残してくれました。

・このサービスの有料会員(AR(拡張現実)が利用できるプラン ) = 遺言残す人 = おじいちゃんおばあちゃん

・おじいちゃんが亡くなって初めてARお墓サービスの本領発揮するけど、そうなると有料会員が継続できなくなるのでは?

 

軽く調べてみたらこういう記事を発見。

bizmakoto.jp

有料サービスが契約者の死後どういう扱いになるのかについては、サービスの規約次第で以下のようなパターンがあるらしい。

  • 未払いの60日後に自動で契約解除する
  • 遺族の申し出で契約を変更・承継できるものものある
  • 中には、遺族であっても契約を承継させないものもある(メールなどのプライベートな情報を扱うサービスなど)

 

一方、同じbizmakoto.jpでこんな記事も見つけた。

bizmakoto.jp

 

どちらかというとこっちのタイプに近いかも。こういうサービス、高齢化社会だと増えてくるんじゃないかな。

 

全然関係ないですが、死してなお強くなる念能力とか

↓こいつとかを思い出しました。

https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTVjmJl5ZpB1lmlKgNZktvi2mGRvWjYrtryJHxmOfI1SphRTnAY

 

 

精神的老化(=オッサン化)へのアンチエイジングを考える

今年の12月で32歳になる。

20代の頃はまだ若いと思っていたものの、もうどう考えてももうオッサンであることを言い逃れできない、というか真っ只中にいる。

 

老けたくない、というのは古代からずっと人類にまつわる欲望の一つだと思うが、老けには大きく分けて肉体的な老化と精神的な老化の二つがあると思う。

肉体的老化

体力が落ちる、代謝が悪くなる、見た目が老けてくるなどの肉体的な老化は健康問題に直接結びつくこともあり、運動習慣をつけるとか美容健康に良い生活をするとかで食い止めようとするのが一般的かと思う。いわゆるアンチエイジングとかいうアレ。

 

精神的老化

たとえば新しいことが覚えられないとかチャレンジをしたくないとか若かった時代を思い出してノスタルジックな気分に浸りたいとか。健康に直接は結びつかないためか肉体的老化ほどみんなアンチエイジングしたりしないように思われる。*1

 

自分はIT系のエンジニアであり、日々新しい情報や技術を調査し覚え使いこなすことが求められる、というかそういうことを楽しめることが求められることもあり、肉体的な老化よりも精神的な老化を少しでも食い止めたいという気持ちがある。精神的老化(=オッサン化)により進歩や成長が止まることはできる限り避けたい。

 

そのためには、オッサン化とは何かを知る必要がある

そこでオッサン化について自分なりにまとめて考えて対策を練りたいと思う。

 

定義

オッサン化とは?
  • 老化の一種
  • 肉体的な老化というより精神的な老化
  • 新しいことを覚えられない(覚えたくない)たくない、古いものが好き
  • 例) セカイノオワリの曲の良さがぜんぜんわからない。イエモンとかジュディマリならもちろんわかるよ。

なぜオッサン化するの?

仮説1. 変化によるエネルギー消費を避けたい ∵体力が低下している
  • 変化(=新しいことを学ぶこと、新しい環境に変わること)はやだ→疲れるからやだ→体力がないからやだ
  • 価値観を変えたくない
  • 古いものを懐かしみたい
対策1. 体力をつける。

 

仮説2. 若い頃の経験が印象深く、今現在の物事(=新しいこと)が記憶に残りにくい  ∵ 過去の成功体験を守りたい
  • 例) スラムダンクは面白かった。それに比べて今のスポーツマンガはよくわからん。
  • 過去の感動・成功体験を否定される可能性があることには手を出したくない
対策2. 過去の経験の評価は置いといて、とりあえず新しいことにトライしてみる。

 

他にもいろいろありそうだが、ひとまずこんなもんで。

それにしても、我ながら内容薄いブログだなw

 

 

*1:

と書いてるうちに、ものが覚えられないとかの脳の老化は、肉体精神どっちなの?という疑問が出てきた。悩ましいが、とりあえず脳の老化は精神の老化に含めようと思う。ひとまず。

貧困ってなんなのか?炎上中のNHK貧困女子番組についてのまとめと考察

NHK貧困女子番組への反応と考察

今ちょっと話題になってる、貧困女子が貧困じゃないとか散財してるとか炎上してる件、なんか炎上内容が変だなと感じたので考察してみた。

NHK貧困女子番組炎上の大体の経緯をすでに知ってる人は、ココまでスキップ。

『貧困女子番組』って何?

↓ これのこと (2016/8/18頃、NHKで放送)


子どもの貧困 学生たちみずからが現状訴える

 

簡単な要約

  • 『子どもの6人に1人が貧困』である
  • 貧困層の女子高生に取材
  • 「母子家庭」「自宅にエアコン、PCがない」などというエピソードを紹介
  • 趣味としてアニメグッズを集めたりしている部屋が映される
  • 県か何か?の会議で貧困層代表としてスピーチ。「専門学校に行く夢を貧困のせいで諦めざるをえない」、「あなたの当たり前は当たり前じゃない人がいる」

上の番組に対し、twitter/ブログなどで炎上

炎上要約

  • 貧困女子のtwitterから、アニメグッズやコンサートなど趣味で散財している様子を取り上げ、貧困とは言えないと指摘
  • NHKはヤラセ・捏造しているという意見まで出始める
例 (2016/8/21 16:40頃のgoogle 検索キャプチャ)

f:id:shtoma:20160821164144p:plain

 

togetter.com

 

netgeek.biz

 

片山さつきも乗っかる。

 (上記のキャプチャ)

f:id:shtoma:20160821163057p:plain

  

考察 

そもそも貧困の定義って何??

貧困 - Wikipediaや、厚生労働省の定義などいろいろあるようだが、ここではその深入りが目的ではないので詳述は避けたい。

他人のふんどしで恐縮だが、こういう面白い意見を発見。

mubou.seesaa.net

 

貧困には「絶対的貧困」と「相対的貧困」の二種類があります。絶対的貧困とは、「必要最低限の生活水準を維持するための食糧・生活必需品を購入できる所得・消費水準に達していない」こと。

 

一方、OECDが定義している「相対的貧困率」は、「等価可処分所得の中央値の半分の金額未満の所得しかない人口が全人口に占める比率」のことを指しています。

 

(参考:国民生活基礎調査(貧困率) よくあるご質問)

 

で、これもみなさんよくご存知だと思うんですが、相対的貧困の家庭が、「目先の散財」をしてしまうことは全く珍しいことではありません。むしろ、収入的に長期的な展望が持てないからこそ、目先の短期的な散財をしてしまい、それが余計相対的な貧困の度合に拍車をかけてしまう、というのは実によくある話です。(エンゲル係数の高さが貧困と相関がある、なんて話はよく出てきます) で、これが嘘かどうかは、可処分所得が分からないと判明しません。

全く同意。一時的な散財ができる = 貧困ではない、というのはどう考えても論理の飛躍かと。

 

ただ、炎上しているのにはまた別の原因も考えられる。

それは、貧困女子の貧困具合が「まだマシ」であり、下を見ればもっと貧困に苦しんでいる人がいるはず、というのが目に見えるからではないだろうか。

例えば、彼女はバイト代を散財できる(自由に使える)状態であるが、貧困家庭の中には子供のバイト代でも家計に徴収し、子供が自由に使えるお金が全くないような家庭もあるだろう。

あくまで下と比べればの話だが、そういった家庭と比べれば彼女はまだマシな方であり、そんな彼女が貧困層代表としてスピーチしているのがけしからん、NHKはもっともっと貧困な家庭を見つけてその現状を貧困として報道すべき、という意識が炎上こメンターたちにはあるのかもしれない。

 

また、一連の流れを見聞きして思ったことがもう一つある。

番組が取り上げた「貧困女子」自身のお金の使い方は、果たして彼女が所属する世帯・家計が貧困であるかどうかと直接関係あるのだろうか?

貧困の定義次第ではあるが、貧困であるかどうかを決めるのは、彼女自身のバイト代の使い道(アニメグッズを買うかパソコンを買うか)ではなく、彼女の世帯の家計状況であるはずだ。

今回のNHK報道では、主な報道内容が貧困世帯の困窮した生活ではなく、その(おそらく)扶養家族である女子高生の意見や趣味にフォーカスが置かれていた。そのため、本来の番組のテーマである貧困のイメージがぼやけてしまい、彼女の「貧困さ」への疑惑が生まれた。さらに彼女のtwitterから散財具合が拡散され、この疑惑が強まり炎上した、という現象が起こったのではなかろうか。

 

経験的貧困

番組内での貧困女子のスピーチに

「あなたの当たり前は当たり前じゃない人がいる」

という内容があった。ここにもう一つの貧困定義が見て取れる。つまり、

  • 「他の人が当たり前にできること、当たり前に所有しているもの(好きな学校に進学できる、家にパソコンがある、など)がないという経験がある」= 貧困

である。

友達が持ってるゲームを持ってないとか、一昔前であればテレビ・冷蔵庫・洗濯機やcar/cooler/color tvの新旧三種の神器がうちにだけないなど、周囲と比べて自分だけ劣っている、足りてないという貧困意識。

これを仮に『経験的貧困』と名付けたい。

経験的貧困は、完全に主観的な内容で、その分子供でもわかるような明快さがあるが、とても曖昧でそれこそ言ったもん勝ちになる危険性もはらんでいる。

今回のNHKの番組の貧困主張の中心にあるのがこの経験的貧困であるとすれば、そもそも炎上したのは無理もないと言える。

  

まとめ

  • NHKは「貧困」をテーマにするなら、今回の番組の取材対象の女子高生は適切だったかはちょっと疑問。
  • 当番組の「貧困女子」の貧困度合いは(バイト代を家計に徴収されているような家庭と比べれば)まだマシな方と言える。しかし、そこだけ取って彼女の家庭が「貧困ではない」というのは言い過ぎである。
  • 本来「貧困」状況として注目されるべきは、彼女個人のお小遣いの使い道ではなく、彼女が所属する家計全体の貧困具合ではないか。 
  • 『経験的貧困』に基づく主張はわかりやすいが、あまり理性的とは言えない。